ローコスト住宅なら安くマイホームを手に入れられる

  1. ホーム
  2. 首都圏郊外で家を買う方法

首都圏郊外で家を買う方法

一軒家

販売方法から選ぶ

埼玉の中央部や東南部は東京に近いことや土地の価格が安いことから埼玉で新築の家を購入する人が増加しています。また、埼玉は丘陵地が少なく関東平野が広がっており平坦な土地が多く宅地に適しています。これも埼玉がベッドタウンとして大きくなった理由の1つです。特にさいたま市や川口市、川越市、所沢市などは人気エリアとなっており、販売されている新築物件数も多数あります。自分のオリジナルの家を建てたい方や資金が豊富にある方には注文住宅をお勧めします。こだわりの分だけ建築費が高額になりますが、世界に1つだけの家を建てることができます。注文住宅を請け負っている建築会社に自分の希望を伝えて設計士とプランを組み立てていきます。注文住宅の場合は既に土地を持っているか自分で探すことになります。予算内で新築を購入したい方や入居時期が決まっている方には新築の建売住宅や分譲住宅がお勧めです。新築建売住宅の販売価格は、土地と建築済み建物の価格が一つに合算されています。プラン変更などをすることはできないので余分な追加経費が発生しません。新築の分譲住宅は建売住宅と基本的には同じです。しかし、近年では着工前の土地を購入して自由なプランで家を建てることができる分譲住宅も増えています。建築条件付きとは、正確には建築条件付きの土地を購入するということです。指定の建築会社で新築する条件がついた土地のことで自由なプランで建てることができます。